Nishimura Ryoko


Nishimura Ryoko
Kyoto, Japan

Ryoko Nishimura is a Japanese flower artist based in Kyoto city. She stays true to ikebana with a long history in Japan.
In 2012, she held flower exhibition with the concept of ikebana on a stream used to be a canal in Kyoto to bridge the gap between the traditional ikebana and modern lifestyles. In 2015, it was held flower exhibition on a canal in front of Amsterdam national museum with a support of AFK”Amsterdam found if Kunst(=Art)”. The flower work extended over 60 meters with roses, peonies, and hydrangea. It appeared in some newspapers there.
After back to Japan, she decided her two missions. First, telling ikebana with authentic styles with true history. Second, looking for a way to enjoy ikebana in modern lifestyles. Today, she holds not only an exhibition, gives lessons and lectures.


西村良子は京都を拠点に活動する日本のフラワーアーティストです。彼女は日本で長い歴史を持つ生け花に忠実であり続けます。
2012年には、京都高瀬川であった生け花をコンセプトに、伝統的な生け花と現代のライフスタイルのギャップを埋める花展を開催。 2015年には、AFKの支援を受けて、アムステルダム国立博物館前の運河で花の展示会を開催しました。バラ、牡丹、アジサイを用いた60メートル超の作品は、現地の新聞にも掲載されました。
日本に帰国後、彼女は2つのミッションを決定しました。まず、真の歴史を持つ本物のスタイルで生け花を伝えること。第二に、現代のライフスタイルで生け花を楽しむ方法を探すことです。現在、彼女は展示会だけでなく、レッスンや講演も行っています。